« コラージュ講座 | トップページ | かえるのお弁当 »

とべバッタ

Ts3r03150001読み聞かせボランティア講習会に参加してきました。講師の伏見陽子さんのお話で、絵本の読み聞かせは絵が大きく分かりやすいこと。絵が見やすいように本のめくり方に気をつけること。それから子供が主人公と一緒になって体験したり感じたりできるようにすること。読み手が感情を入れすぎるとひいてしまって感情移入できないこと。そして読む本を何度も読んで自分自身も大好きなものであること。

この時紹介してくださったいくつかの絵本の中で、とても絵がリアルで臨場感にあふれててとても興奮して物語を聞くことができたました。バッタは退屈な毎日をとびだして冒険してみるとヘビやカマキリや蜘蛛に襲われて必死で逃げること。死に物狂いで羽をばたつかせるとトンボや蝶に馬鹿にされるけど、自分の力で逃げることができるのが嬉しくて嬉しくてそんなことは気にしないバッタはかっこいい(^0^)

子供達は目を輝かせて聞いてくれ、「すげーーー」「強えーーー」と声をあげて喜んでくれました。子供達が絵本を通じてどんなことを感じてくれたのかとても気になります。

|

« コラージュ講座 | トップページ | かえるのお弁当 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63121/46054215

この記事へのトラックバック一覧です: とべバッタ:

« コラージュ講座 | トップページ | かえるのお弁当 »