« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

シンガポールの旅 ~食べ物編

Ts3r02750001シンガポールは移民の国なので中華料理、マレー料理、インド料理、アラブ系の料理と混ざってどくとくの食文化になってします。ラクサというマレー系の料理はターメリックなどの香辛料が効いた麵料理で米粉から作った白い麵をスパイシーなココナツミルクに漬け、魚介類やかまぼこなどがトッピングされていてとても美味しかったです。今回食べた中で私のお気に入りナンバーワンでした(^0^)

Ts3r02740001それから鶏をまるごと茹でて、その茹で汁で炊いたご飯をグレービーソースやチリソースで食べるチキンライスはシンガポールではポピュラーな料理。それからカニをまるごと茹でてチリソースをからめて食べるチリクラブも人気の料理。店舗によってチリソースが味の決め手。カニの甲羅をはさみで切ると手がよごれるし、面倒くささもあって私はイマイチだったけど(^^;)大きな魚のあたまが入ったフィッシュヘッドカレー。カレーもとても美味しかったです。

120426_171301デザートはレインボーカラーになるように何色もシロップをかけたかき氷に練乳となぜかコーンをトッピングしたアイスカチャン。食べてもあまりコーンの意味が分からなかったけど(^^;)それからかき氷にココナッツミルクとパームシュガーをかけ、チェンドルという緑色のゼリーと小豆をのせたものも食べました。どれも甘いのでさっぱりしたくて緑茶を買ったら、なんとこれにも砂糖が入って甘かった(>_<)シンガポール人は甘いもの好き???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポールの旅 ~後編

Ts3r02780001高いビルの上に鯨がどんと乗っているような独特な形をしたマリーナベイサンズホテル。アジア有数の規模を誇るレジャー&エンターテイメント施設。55階建てのタワーホテルと屋上庭園、プール、カジノ、ショッピングモール、レストラン、劇場、博物館が集結した新ランドマークで今注目を集めています。その屋上庭園のプールは人が水にぽっかり浮いていて際から落ちてしまいそうに見えるので見た目ハラハラドキドキ、、、自分が空にポッカリ浮いているような不思議な感覚、、、そこからみえるウォーターフロントの景色は気持ちよくて至福の時間でした(^0^)

プールの楽しさに後ろ髪ひかれながら、シンガポールフライヤーという大観覧車に乗るために出発!!!最高到着地点が165m42階建てのビルに相当する世界最大級の観覧車です。日本のこじんまりとした観覧車とは違ってゴンドラのように10人ほど乗れるような大きめな箱が35分程かけて1周します。先ほどまでいたホテルや今建設中の植物園や昨日観光したマーライオンなでが一望できてとても気持ちよかったです。

それからユニバーサルスタジオへ。大阪のユニバーサルへまTs3r02790001_2
だ行ったことがないので比べられませんが噂によると大阪よりこじんまりしているそうです。けれど昨年5月にできたばかりなのでとても綺麗でした。マダガスカルとシュレックにでてくるキャラクターの乗り物があることが分かっていたので事前にDVDを観て予習したおかげでチビッコ達も大興奮!!!マダガスカルは動物たちが主人公なので可愛らしいのでなんとなく分かりますがシュレックは緑色の怪物で見た目可愛くないのですが、ストーリーから本当は優しくてさびしがりやなことが分かったのか怪物好き!と言っていたので子供の心をグッとひきつけるものがあるのでしょう(^^;)ジュラシクパークの門には大きなトリケラトプスがお出迎え。大迫力パークは木がどこも沢山茂っていてどこかジャングルチック。プテラノドンという恐竜の乗り物はアオアオも乗れました。身長制限でアオアオが乗れなかったジュラシックパークラピッドアドベンチャーは激流下りのアトラクションで最後暗闇の中真っ逆さまに転落してみんなびしょ濡れでしたがとても楽しかったようです。古代エジプトとトランスフォーマーのテーマパークでは身長制限があり乗れるものがなくて残念でした(;_;)けれど高いヒールをはいたクレオパトラのような化粧をした人が歩いていたりピラミッドのような建物やトランスフォーマーの大きなロボットがいたりして歩いているだけでも楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポールの旅 ~前編

Ts3r02730001旦那はーんの勤続20周年でお休みがもらえてシンガポールに行って来ました。赤道直下なのでこの時期でも半袖でしたが、天気予報では雨だったのに雨が降らずにいてくれてラッキーでした。昔から世界三大ガッカリ観光地と言われるマーライオンは確かに口からお水が出ていいるだけでちょっとガッカリでしたが、高層ビル群の前の今の場所に移動してから人気がでてきているそうな。今話題のマリーナベイサンズホテルや大観覧車が見渡せて景色は綺麗でした。そして国をあげて観光に力を入れているようで昨年にはユニバーサルスタジオ、今年の秋には世界最大級の植物園ができるそうで活気が感じられました。

1819にラッフルズ卿が上陸したと言われる場所に大理石像が立つラッフルズ卿上陸地点、チャイナタウンのスリ・マリアマン寺院、佛牙寺、ウェットマーケット半日観光した後ランチをしましたTs3r02760001

午後は自転車にサイドカーがついた乗り物トライショーはシンガポール名物だそうでこれを体験しました。こんな乗り物が車と一緒に道路を走るなんて概念がなかったのではじめはビックリ!!!車がちゃんと優先的に道路に入れてくれて走れるのは国が観光に力を入れているからなのか、ちょっとのんびりしたお国柄なのか、、、

ここはインド人街、オカマ街など片言の日本語で説明してくれて外国人観光客がなかなかいかないという街をとっつあん坊やがずーっと自転車をこいでめぐってくれます。そこそこのスピードもでるので気持ちよくてエキサイティング!!!おっちゃんのふくらはぎみたらコブラのようなふくらはぎで感心してしまいました。おっちゃんはイチュが気になるのかチラチラ観察していたかと思うとそのうちイチュのモノマネをはじめたりして面白いおっちゃんでした(^0^)そうこうしているうちに黄金のモスクの周辺にアラブの雑貨や衣料品店が軒をつらねアラブストリートに到着。ビブスビレッジという路上マーケットをしばし歩きましたがあっという間で何も買えずに終わってしまい残念(;_;)

南国フルーツを食べに行きました。ガイドさんは果物の女王ドリアンをご飯の上に置いて牛乳をかけて食べると言っていましたが、本当かな???そもそもドリアンは果物の女王なのか?強烈な匂いだしそんなに美味しいか???という疑問もあったりして。ドラゴンフルーツやマンゴスチンやパパイヤ、マンゴーとトロピカルフルーツを色々いただきましが、モンキーバナナがとても濃厚で甘く一番美味しかった気がします。やっぱり食べなれているものが好きなのかなぁ、、、

夜はナイトサファリに行きました。トラムと呼ばれるバスのような乗り物にのって動物がいる園内を回ります。ホワイトタイガーは残念ながら発見できず見ることができませんでしたが、闇の中に辺り一面ピンクの鳥が沢山現れてフラミンゴとても綺麗で感動しました。以外と近い場所にトラやライオンなどの猛獣がいるのにサファリパークのように檻がついているバスではないので、襲ってきたりすることはないのだろうかと思いながら、昼間の疲れで睡魔と闘いながらの観光でした(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうれん草の美味しい食べ方

Ts3r02680001お友達の畑で獲れたほうれん草をいただきました(^0^)

タイムリーにほうれん草の美味しい食べ方を聞いたばかりなのでさっそくやってみました。

[作り方]

1. ほうれん草をゆでる

2. フライパンにごま油をたっぷりめに入れて、にんにくのスライスを入れて香りがでるまでゆっくり温める

3. 香りがでてきたら醤油を加える

4. ほうれん草を食べやすい大きさに切って器にもったら3を上からかけていただく

簡単なのに絶品です!!!ご飯にも合うし、いっぱいほうれん草が食べられること間違いなしです(^0^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全粒粉のバナナマフィン

Ts3r02670001全粒粉のプチプチした食感が好きで全粒粉を使ったお菓子作りにはまっています(^0^)バナナを入れるので腹もちもよく栄養も満点です。軽食にもなるバナナマフィンを作ってみました。

[材料]無塩バター100g、ベーキングパウダー小さじ1.5 ブラウンシュガー120g、お菓子用全粒粉60g、全卵 70g、バナナ130g、 薄力粉140g、 牛乳30cc

[作り方]

あらかじめ無塩バターは室温にもどし、薄力粉とベーキングパウダーはいっしょにふるっておく

1. 無塩バターをクリーム状にし、ブラウンシュガーを入れてすり混ぜます

2. ときほぐした全卵を加えてなめらかになるまで混ぜます

3. バナナをフォークの背でつぶして混ぜます

4. 薄力粉、ベーキングパウダー、全粒粉を入れてあわせます

5. 牛乳をまぜます

6. カップに生地を入れて、170~180度のオーブンで約25分焼きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もこみち流和風きのこパスタ

Ts3r02640001MOCO'Sきっちんで紹介していた和風パスタを作りました。塩こんぶとキノコ好きの私としてはリピートして作っています(^0^)

[材料]
パスタ160g、エリンギ 1/2パック、しめじ 1/2パック、しいたけ 4枚、ごま油 大3、
鷹の爪1~2本分
[A] 和風だしの素(顆粒) 小1、酒 大1、しょうゆ 小2、塩こんぶ 適量、刻みのり 適量


[作り方]
(1) パスタはたっぷりの湯で茹でる。

(2) しいたけは石付きを取って半量は六等分、半量は薄切りし、しめじは石付きを取り
    小房に分け、エリンギは薄切りしてから縦にさいておく。

(3) フライパンにごま油、鷹の爪を入れて弱火にかけ、香りが出たら(2)を
    加えて炒め、しんなりしたら(1)のゆで上がりを加えAを順に加えて
    絡めながら味を整え、盛り付けて、刻みのりを散らす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめてのシュシュ

Ts3r02580001はじめて毛糸で編み物が完成しました(^0^)

もうすぐ春なので春夏で使えるようにコットンでシュシュを作ってみることにしました。ポムというところから出ているオーガニックコットンは赤ちゃんにも優しいベビーコットンです。とてもふわふわで癒される感触です。優しい色合いにも惹かれ一目ぼれ、作れもしないのに思わず買ってしまったほど(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナッツボールとフォカッチャ

Ts3r02650001お友達とパン作り教室の体験に行ってきました。ナッツボールとフォカッチャの2種類を作らせてもらえました。焼きたてはとても美味しくてパン作りにとても興味がでてきました(^0^)

ナッツボール3個とフォカッチャ2個分

A.強力粉75g、砂糖12g、イースト3g、仕込水98g、

B.強力粉60g、全粒粉45g、塩2.5g

Cハイリッチ8g、

Dウォールナッツ7.5g 

米粉(仕上げの飾り用)適宜

1.Aをボールに入れて混ぜる

2. AにBを混ぜる

3. 2に油脂を入れて混ぜ、ウォールナッツを入れる

4. ボールに入れてラップを30分発酵させる

4. スキッパーで5つに分割して、成型する。

6. 2次発酵させる

7. 200度のオーブンで12から15分焼く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全粒粉のブラウニー

Ts3r02560001お呼よばれの時間まで少し時間があったので全粒粉のブラウニーを焼いてみました。

全粒粉は小麦を丸ごとひいたもので、栄養分が高く、焼き上げると粉の風味を強く感じほろっとした感じに仕上がります。私はちょっとプチプチした感じが気に入っています。全粒粉と菜種油ときび砂糖を使ってつくる“なかしましほ”さんのレシピはので体に優しいお菓子で大好きです。

[材料]全粒粉60g、ココア20g、卵2個、きび砂糖80g、ビターチョコ150g、菜種油50ml、ピーカンナッツ80g

[作り方]1. ボールに卵、きび砂糖を入れて泡たて器でほぐす。

2. 別のボールにチョコレートと菜種油を入れて、湯せんにかけてチョコレートをとかす。

3. 1のボールに2のチョコを加えよく混ぜる

4. ふるった全粒粉とココアを加え、ゴムベラでざっと混ぜたら刻んだピーカンナッツを加える。オーブンシートをひいた鉄板に流しいれて、上に飾り用のピーカンナッツを飾る。

5. オーブンで20分焼く。串刺しでさして生地がついてこなければ焼き上がり。鉄板からはずしてアミの上で冷まし、冷めてから紙をはずして食べやすい大きさにカットする。

今回はピーカンナッツがなかったので入れずに、上に粉砂糖をかけました。入れていたらもっと香ばしく更に美味しかったとおもいます。でもブラウニーってもっとボテっとして濃厚なイメージなのですが、菜種油のおかげかあっさり目で結構好きかも、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞紙あそび

Ts3r02570001育児サークルで新聞紙遊びをしました(^0^)丸めて剣を作ったり、手裏剣やカブトを作ったりして楽しみました。

そして新聞紙を折って可愛いミニバックの作り方をしっているお友達がいてレクチャーしてくれました!!!可愛い広告の柄をえらんだり、英字新聞で作るとお洒落なミニトートに変身!!!お菓子のプレゼントとかにも喜ばれそう(^0^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すずらんミニバック第3弾

Ts3r02550001編み方に飽きてきたので違う形に挑戦しました。

今回は裏底が楕円の形で底だけ麻ひもであみました。丈夫なうえに雑貨風で可愛いと底を麻で作る人も多く、すずらんテープに慣れてきた私にはちょっとハードだったけど底が下にのびることがないのできれいな形がキープできていいかなと思います。

編み方と色が違うだけでまた雰囲気も変わってラブリーな仕上がりになりました。苦労した割にはしまじろうを入れるカゴになっています(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »