« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

ハムとチーズのケークサレ

Ts3r02390001年末年始集まる機会も多いですよね(^0^)お家にある手近な材料でできるのでとっさなお呼ばれにも持ってこいのケークサレです。混ぜて焼くだけの簡単レシピで大助かりです!!!

[材料 パウンドケーキ型小1つ分]…薄力粉75g、 ベーキングパウダー小1、卵1個、牛乳10ml、ビザ用チーズ25g、 玉ねぎ1/4個、 ハム3枚

[作り方]1. 玉ねぎをみじん切りにして、ハムは1cm角に切る

2. 玉ねぎとハム以外の材料をボールに入れて生地を作り、切った玉ねぎとハムも加えて混ぜる

3. 型に入れて、トントンと型をたたいて空気をぬく。

4. 180度に温めたオーブンで40分ほど焼く。焼き加減は串ざしをさして生地がつかなければよい。

5. 冷めてから食べやすい大きさに切る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めかじきときのこのマヨコチュ炒め&小松菜厚揚げ

Ts3r02380001マヨコチュがどんな味が気になり作ってみました。辛酸っぱい味で新鮮な味!!!焼き魚にあきたらどうでしょう、、、こどもっちはコチュジャンをやめて醤油をたらしたら好評でした(^0^)

めかじきときのこのマヨコチュ炒め

[材料]めかじき切り身、薄力粉適量、やまびこしめじ1袋、生椎茸4枚、エリンギ2本、料理酒大1 あわせ調味料(コチュジャン大さじ2、マヨネーズ大さじ1と1/2 砂糖小さじ1/2
細ねぎ(小口切り)…2本分

[作り方] 1.めかじきは2~4等分にし、真塩、こしょうをふって小麦粉を薄くはたく。
2.しめじは石づきを除いて小房に分け、生椎茸は石づきを除いて4等分し、エリンギは長さ半分の4つ割にする。
3.フライパンになたね油大さじ1を熱し、めかじきを両面焼き色がつくまで焼き、2を加えて酒をふる。しんなりしたら、混ぜ合わせたAを加え、炒め合わせる。器に盛り、細ねぎを散らす。

小松菜と厚揚げのにんにく塩炒め

[材料] 小松菜300g、にんにく2片、厚揚げ1枚、ごま油 大1、唐辛子輪切り1本分、料理酒 大1、粗引きコショウ 適宜

[作り方] 1. 小松菜は4cm長さに切り、にんにくは2mm厚さの薄切りにする。厚揚げは油抜きし、一口大に切る。

2. フライパンにごま油を熱し、にんにくを入れて薄くきつね色になってから厚揚げと唐辛子を加え焼き色がつくまで焼く

3. 小松菜の茎、葉の順に入れて炒め、酒をふってしんなりしたら塩、コショウする

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リース作り

111209_144101育児サークルで色画用紙でリースを作りました。簡単なのに本人も作った感があるようで大満足していました!!!

緑の画用紙を丸く切ったものを8枚用意してのりで貼って円を作ります。リボンとベルを別の色画用紙を切り抜いて貼って、絵を描いたりシールを貼ってできあがり。

自分が作ったものが飾られて上機嫌です(^0^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桂窯作陶展 終わりました

Ts3r02350001今日で作陶展が終わりました。反省会では皆様の作品の思い入れや作るに至ってのエピソードなどが聞くことができて、より一層作品への興味も湧きました。そしてどんな手法で作ったんだろう、次は少し真似してみたいな、あんな色出したいな、、、と作陶意欲を掻き立てられました。いろいろな意味で勉強になったし、みなさまのお人柄にもふれられて楽しいひとときでした。

そして作品を間に合わせるために色々ご指導いただいた先生に感謝したいと思います。

作品が戻ってきたので紹介しますTs3r02340001_4

左上:和気あいあい(復帰第一号作品です。一緒にご飯食べるひとと和気あいあい会話しながら楽しいひとときを過ごしたいという思いを込めて)

右上:いい夢みてね(丸く形どったパーツを組み合わせてクリスマスツリーにみたてて壁掛けを作りました。anzuさんのところで習ったコラージュとコラボさせました。カナダのママからもらったクリスマスカードの切手と思い出のシルバーのパーツを使いました)

Ts3r02370001_2左下:いつき水族館(夏休みに江ノ島水族館に行ったときに観察した魚の絵を陶板に焼いていただきました。タイル4枚を額に入れて並べたら水族館風になりました。夏休みの思い出がとてもいい記念になりイチュも大喜びでした)

右下:ちょっと乙女Ts3r02330001(はじめてトンボ玉に絵付けをしました。どこから見ても絵が見えるようにという先生のアドバイスのもと好きな絵柄を色々描いてみました。組み合わせるパーツや紐によっても雰囲気が違うのでとても楽しかったです。これをつけて女子会にでも行きたいです)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »