« ガタンゴトんバス | トップページ | 北海道の旅~富良野・美瑛編 »

北海道の旅~富良野編

秋休みを利用して北海道に行ってきました。空港を降りると上着なしにはいられないほど肌寒く野山もすっかり黄色や赤に色づいて紅葉していました。

Ts3r00220001 お昼過ぎに着いてまず富良野カレーを食べたくて「あぜ道より道」さんにレンタカーを借りて向かいました。農家の奥さん5人で営む農場直営レストランでそれぞれの畑で収穫した野菜を使って料理するのでメニューの主役は新鮮な野菜。まずサラダを食べてビックリ!!!野菜が甘くて美味しいことったら、、、野菜高騰で野菜不足だったので五臓六腑にしみわわる、、、という感じで身体が喜んでいました。名物のやさいカレーはピリリと辛いものの野菜の旨みが口の中に広がってまろやかな味になります。旬の野菜がゴロゴロ大きく切られて入っていますが、どれも柔らかく甘いので野菜嫌いの子供もモリモリ食べました。いまだに富良野の野菜は美味しかったね!というのでよほど美味しかったのでしょうね。お母さん達は明るく気さくでとても感じのいいお店でした。

Ts3r00240001_2 それから北の国からの舞台になった富良野へ。風力発電と赤い屋根が遠くからも目立って可愛らしいお家。家を建てる為に集めた丸太を息子純が起こした不始末の慰謝料の為無一文になった五郎が放置されていた石を発見し、ひとつひとつ積み上げたった一人で建てた家。息子の恋人シュウちゃん(宮澤りえ)が訪ねてきたときに五郎さんがお風呂を薪で焚いてあげて入ったシーンがフィードバックして思い出されました。この先に富良野に来てはじめて建てた初代のお家もあります。北の国からファンとしてはジーンとくるものがありたまらない観光地でした。

「拾ってきた家」は廃棄されたコンテナやゴンドラ、電話ボックスなどを利用して五郎さんの義理の妹(竹下景子)や結婚した純と礼(内田有紀)の為に作ったお家。天井には卵パックのの断熱材を使ったり、角型空瓶を並べてガラスレンガにして窓にしたり工夫がいっぱいで見ているだけで楽しかったです。

  Ts3r002900015時過ぎると辺りは真っTs3r00300001暗でもう真夜中か?と思ってしまうほど静まり返ってしまいました。富良野の街まで戻って「麦秋」というお店で夕食を食べました。お店の釜で焼いてくれるピザを楽しみに行ったのですが生憎釜が壊れて頼めませんでした。富良野牛を使ったハンバーグはジューシーで美味しく、付け合わせのポテトフライがポクポクで美味しかったです。子供が頼んだカルボナーラは自家製のベーコンが切らずに入っていて抜群に美味しくて今まで食べてきたカルボナーラで一番美味しいなと思う絶品でした。今夜は富良野わいんで乾杯です。明日は富良野から美瑛へ、、、

|

« ガタンゴトんバス | トップページ | 北海道の旅~富良野・美瑛編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

食ってんね。。。ダイエット生活がどーなのか気になるところだが!

投稿: よこはまのよーこ | 2010年10月20日 (水) 00時30分

するどいご指摘ありがとう、、、
ダイエット頑張って夏に3キロほど落ちたのだが、、、
秋になるとご飯が美味しくて(^^;)
加えて北海道の食材はどれも美味しくて食べてばかりでした、、、トホホ、、、

投稿: zo | 2010年10月21日 (木) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63121/37286759

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の旅~富良野編:

« ガタンゴトんバス | トップページ | 北海道の旅~富良野・美瑛編 »