« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

お月見

Img_0081 昨日は満月でした。あまり星はでていなかったけどとても綺麗な月でした。日本ではウサギが餅をついていると言われていますよね。なぜウサギが月で餅つきをしていると言い伝えられているか、、、それはインドの神話からきているそうです。「昔あるところに人の役にたちたいと思うウサギとキツネト猿がいました。動物たちの願いを叶えるため老人に姿をかえた帝釈天さまにキツネは魚や貝を、猿は果物をとってきました。何もとれないウサギは焼いた私の身を召し上がって下さいと焚き火の中に飛び込みました。帝釈天さまは黒焦げになった心清らかなウサギを月の宮殿に住まわせました」、、、なんだかちょっぴり可哀想なお話ですね。

海を越えた世界の人々は月の模様を何にたとえているのでしょう。欧米では大きなはさみを持つカニや女性の顔に、お隣の中国ではがまがえるに、他にもロバやライオン、本を読むおばあさんや泣き顔の男の人などお国がかわれば見方もかわっているようです。地域や文化によって見方がかわるのも不思議ですね。ウサギと決めつけないでイマジネーションかきたてて月をながめるのも面白いかもしれませんね、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶどう狩りin勝沼(修正バージョン)

Img_0074 幼稚園のぶどう畑が山梨県勝沼にあってぶどう狩りに行ってきました。高速を降りるとあたりはぶどう畑一色でボルドーorマスカット色の実がたわわに実っていました。今年は酷暑だったので糖度が高くて美味しいぶどうが収穫できているそうな(^0^)幼稚園で袋に絵を描いてぶどうにかけてあるので自分のぶどうがどこにあるのか探しあてるのもとても楽しかったみたい。まだ絵は○しか描けないチビッコも紫のクレヨンでいっぱい○かいてぶどうっぽくなっていました。ハサミの使い方も半年でマスターしたのかチョッキンも上手くできてちょっと驚きでした。

これは帰って来てからテレビでみた情報でもっと早く知りたかったヨ、、、と思ったのですが、葡萄狩りに行って美味しいぶどうを選ぶこつは畑の中でも日当たりがいいところで育ったぶどうは美味しいので太陽の光を十分浴びているものを選ぶこと。それから地元の方はぶどうの実は噛まずに飲むんだそうです。種が入ってしまうことなんか構わずそうして食べると美味しいと言っていました。それから勝沼には「ワイン豚」って豚を育てていてジューシーで柔らかくてとても美味しい肉みたい。個人で行ってたらこれも食べたかったな~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »