« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

稲取旅行 ~磯遊びとつるし雛

本来なら春に来て河津のサクラ&稲取のつるし雛のお祭りに行きたいところですがなかなかお休みとれず真夏のまっさかりに行くことになってしまいました。ウキウキビーチに行ってみると磯遊びのスポットになっていました。海水はおどろくほど綺麗で海底まですき透っていました。岩陰をのぞくとヤドカリやサワガニがあわわれます。ヤドカリを生でみたのは初めてのことでした。おびえてすぐお家にかくれてしまうのでなんともカワイイです。

070831_104801 せっかく稲取に来たので岬の館というところでつるし雛の展示がみられるというので足を運んでみました。「雛のつるし飾り」は桃の節句の雛段の両側に、はぎれでつくったぬいぐるみをつるす風習が江戸時代から伝えられています。「桃飾り」と呼ばれる百十個の飾りにはそれぞれ謂われや言い伝えがあり、子どもの成長を願う親の愛情が覗える郷土の文化として今日に息づいています。

070831_104901 【這い子人形】這えば立て、たてば歩めの親心。子供の健やかな成長を願います。表情のかわいい這い子人形は人気度一番です。

【だるま】七転び八起で福を招く縁起物。赤色はほうそう除けの呪物とされています。

【俵ねずみ】大黒さんのお使いであるネズミは金運や霊力があるといわれます。子供をたくさん産んで働き者になるように。俵は五穀に不自由しないように。

【花】花のように美しく。

【柿】滋養があり、長寿の木、厄払いの効もあるとされています。柿が赤くなれば医者が青くなる。

【うさぎ】赤い目のうさぎは呪力があるとされ、神様の使いともいわれます。

【巾着】わが子がお金に不自由しないように。

【ふくろう】呪力がる。福や不苦労にかけて。

【はと】神の使いとされている。ハトはむせないと言われ、お乳をよく飲めるように。

【おかたごろ】高貴な人のこと。とくに稲取では花嫁さんを「おかた」と呼びます。「おかたの頃」が語源で着せ替え人形遊びのことをいいます。

【さる】厄が去る。猿ッ子の伝承は全国各地にあるようです。

【三角】香袋。お香は貴重品で薬でもありました。紫と白い布で富士をあらわしたものもあります。

【草履】早くあんよができるように

【とうがらし】虫除けの効能があることから娘に虫がつかないように

【もも】桃の実には霊力があるとされ、邪気、悪霊を退治し、延命長寿を意味します。また桃は早くから花が咲き果肉が大きく実が多いことから多産を象徴します。

【はまぐり】二枚貝は貞操の象徴です。

【お手玉】遊び道具。

【座布団】座布団のまわりで赤ちゃんが這って遊ぶ。早く座れるように。

【金目鯛】日本一の稲取金目鯛。おめでたい席にはかかせません。赤い色は魔よけの色。

【亀】長寿の象徴。

【三番奏】能で祝い事につきもの。稲取の夏祭りには子供の三番奏が舞われます。子供らは「神の子」と称され、出演後は健康になると言われていました。

このほか鶴、おかめ、でんでん太鼓、糸巻き、ニンジン、大根、手鞠などがあるそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

稲取旅行 ~バイオパーク編

伊豆の稲取のバイオパークは350匹の動物たちと300羽の鳥たちが暮らすアニマルゾーンと乗り物とやアトラクションのプレイゾーンとパターゴルフが楽しめるスポーツゾーンで構成されています。

Img_0001 アニマルゾーン入ってすぐの池のわきにペリカンがいました。ペリカンは大きなおくちがあるんだよ~~~と子供に説明したとたんグオーッとパフォーマンスをしてくれてすぐ昼寝してしまいました、、、ひと仕事してくれてから寝てくれてペリカンちゃんありがとう。しまうまやサイやラクダなどサファリパークの草食動物版みたいな感じで肉食動物のガォ~~~という迫力はないもののキリンがバスの中を覗き込むので顔がドアップでみれたりガチョウが走っているのが間近でみれたりなかなか面白かったです!!!ニンジンを購入すると餌やりも体験できてキリンに直接餌があげられます。 下が大きな顔が近づいてきてニョロンと出して「ちImg_0012ょうだい」をするのです。細長い舌がおもったよりニョロンとでてきてかなりなビックリ体験で大興奮でした(^0^)ふれあいコーナーではうさぎやモルモットをはじめ、アルマジロやハリネズミなどめずらしい動物も抱っこできます。夏のイベントとしてクワガタとカブトムシ展もやっていました。触ってもいいようでしたがヘラクレスなど海外のクワガタはあまりの大きさにみんなビビって触れませんでした(^^;)ふれあいコーナーが充実していて他の動物園より間近で接することができるので楽しい動物園でした!!!

宿泊は「稲取リゾート」さんで。稲取漁港でとれた新鮮な魚をふんだんにつかったフレンチはとても美味しかったです。金目鯛が水揚げナンバーワンとして有名ですが、金目鯛のカルッパッチョはとくに美味。伊勢海老もボリュームありながらやわらかくてとても美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光を楽しむ

070813_122201かわいいクッキー型をみつける度に買い足していたらいつのまにかいっぱいになってしまいました。もうあまり使わなくなったクッキー型をつないでクリスタルビーズをくっつけました。クッキー型に光が反射したりクリスタルビーズに光が宿ってキラキラ輝きます。これから照りつける太陽を逆手にとって楽しみます(^0^)風が吹くとビーズがクッキー型にあたってコーンと可愛らしい音を奏でるので風鈴のような楽しみかたもできて一石二鳥です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ノ島水族館

070814_144902 子供の頃連れて行ってもらって以来ウン十年ぶりに江ノ島の水族館に行ってきました。リニューアルしてからとても評判がよく旭川動物園の水族館バージョンといわれているそうな、、、沖縄のちゅら海水族館ほどスケールが大きくないけれど大きな水槽にサメやエイが悠々と泳ぐ姿をみれて迫力満点!!!時間があればそこでボーッと何時間もできそう、、、ボンベをつけたお兄さんが海底にいるウツボをみせてくれたり魚に餌をやったりショータイムもあったりして楽しめます。ショータイムといえばイルカとアザラシのショーもすごく楽しかったです。アザラシのマミー担当のお兄さんがカッコイイ(あ、個人的な趣味の話はいいですか(^^;)、、、)

070814_180101 帰りにせっかく江ノ島へきたので波打ち際で裸足になって水遊びしてみました。沢山ならぶ海の家にドラゴンアイスを発見!!!台湾から上陸のこのアイス練乳味の氷をカキ氷機で削ったところに果物などのトッピングがドドドーンと乗ってます。渋谷でドラゴンアイス片手に食べ歩くのが流行っているそうですがそんな勇気もないのでさっそくここで飛びつきました。私のは渋く宇治金時。シャーベットの触感がフワフワで美味しい(^0^)でも炎天下の中すぐ溶けてしまうので早く食べるのが大変でした~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RADER JAPAN

070813_122401 サングラス買っちゃいました!!!スポーツ用の以前から欲しかったのですがなかなか気に入るものと出会えず二の足を踏んでいたのですがOAKLAYから新作が登場!!!ここんちのサングラスものすごくフィット感がいいのですがランナーの方がかけている従来のもの私がかけるとトンボみたい(^^;)今度の新作はもうちょっとソフトな感じ。カラーはレッドといっても渋く落ち着いた感じがなかなか気に入りました。お友達は白めが黄色くなってきたので眼科に行ったら紫外線のせいだと言われたそうです。最近の紫外線はとても強くなっている気がしてとても気になる今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕祭り in阿佐ヶ谷

阿佐ヶ谷に引越ししたお友達のお家に遊びに行きました。丁度七夕祭りが催されていたので覗いてきたよ。アーケードではいろいろなキャラクターの張子たちが沢山飾られていてかわいかったです。出店も沢山でていてにぎやかな雰囲気とっても楽しかった(^0^)

070807_160301_2 070807_160501_2

070807_160901 070807_161401 070807_162201 070807_164401 070807_160801_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐりとぐらのカステラ

48340008261 小さい頃「ぐりとぐら」を読んでもらうのが好きでした。ぐりとぐらが大きなたまご拾っておおきなおおきなカステラを作ります。そのカステラが羨ましくて羨ましくて、、、そのぐりとぐらのフライパンで作るカステラレシピを手に入れたので早速作ってみました。

材料:卵2個、砂糖50g、はちみつ大1、牛乳50ml、薄力粉100g、ベーキングパウダー小1、無塩バター大1

1.ボールに卵を入れ泡立て器でほぐす

2.砂糖とはちみつを加えてよく混ぜ、牛乳を加えて混ぜる。

3.ふるいにかけた薄力粉とベーキングパウダーを加えて混ぜる。

4.フライパンを弱火にかけ無塩バターをフライパンに塗る。

5.生地を流しいれてフタをして40分待つ。真ん中の部分を竹串でさしてみて生地が焼けていれば出来上がり。火をとめる。フタをあけて放っておくとしっとりする。

070713_150501 あまいカステラ、、、フライパンで煎った木の実をはちみつにつけたものをかける。しょっぱいカステラ、、、ゴーダーチーズをのせて胡椒をふる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »