« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

ゆとりキッチン ランチプレート

070528_173701 栗原はるみさん監修のゆとりキッチンでランチプレートを頼みました。定番メニューですが盛り付けがとても可愛らしく参考になりました。れんこんとすきすき昆布きんぴらと肉味噌ののった焼きおにぎりが美味しかったです。レシピをいただいたので幸せをおすそわけです(^_-)

【れんこんとすき昆布のきんぴらのレシピ】

れんこん250g すき昆布(乾燥)10g 青しその葉10枚 a.(昆布醤油大さじ4 砂糖大さじ1 1/3) サラダ油大さじ1 白炒りごま 適宜

1.レンコンは皮をむき、薄切りにして水にさらし、水気をよくきる。

2.すき昆布はもどして水気をよく切り、食べやすい長さに切る。しその葉はせん切りにする。

3.フライパンにサラダ油を熱してれんこんを炒め、aを加えて手早く炒め合わせ、火を止める。すき昆布を加え、よく混ぜ合せる。

4.3の粗熱が取れたらしその葉を入れてひと混ぜし、器に盛る。好みでごまをふっていただく

【肉みそのレシピ】

ごま油少々 豚ひき肉100g おろしにんにく小1/2 みそだれ大4

1.豚挽き肉とおそしにんにくを混ぜ合わせる。

2.フライパンにごま油を熱し、豚肉を焼き付けるように炒めみそだれを絡めて火を止める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるふるプリン

070524_193401 しまじろうのママはよくプリンとドーナツを作ります。影響されたチビッコにプリンを作ってくれとねだられてバニラビーンズは用意していたもののちょっと面倒で気後れしていました(>_<)風邪ひいて弱まったチビッコにプリン食べたいとさがまれて逃げれなくなっちゃった(^^;)

【材料】プリン種:卵黄4個、牛乳360cc、きび砂糖50~60g、バニラビーンズ約1/8本

カラメル:砂糖50g、水大さじ1

1.卵黄に2/3の砂糖を入れて泡だて器で十分まぜる。

2.バニラビーンズはサヤをたて半分にわって中の種をしごき出す。

3.鍋に牛乳と残りの砂糖、バニラビーンズを加えて60度弱まで加熱する。

4.1のボウルに3を加えてうらごしする。

5.カラメルの砂糖を鍋に入れて弱火にかける。砂糖からでた水分が煮詰まって茶色に色づきはじめたら鍋をゆする。好みの色になったら火をとめ水をたす。

6.容器にカラメルをいれ4を入れる。

7.オーブン対応の鍋に6の容器をならべ、プリンの種のラインまでお湯をはる。プリン種の容器にはかわかないようにアルミ箔をかける。110度に熱しておいたオーブンで焼く1時間かけてじっくり焼く。中心が波たつくらいまで火が通ったら出来上がり。

ポイントはオーブンに入れるときなべの底にふきんを1枚入れることでじっくり熱が伝わるのでふるふる、つるんつるんのプリンができるらしいです。 家でつくって某○ステルさんちみたいな舌触りのプリンができることにちょっと感動!!!丁寧に混ぜるとかザルでこすとかいう手間を少しかければ後の過程は簡単でした。これだけ美味しければまた作ってもいいかな~~~ちょっと甘めだったのでおカラメルをもう少し煮詰めて苦めにつくればよかった気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SOYDINING 豆々

070517_124701_1 ららぽーとのランチにトライしようとしましたが、フードコートは11:00からオープンなのに人気店のメニューは40分後には完売していました。長蛇の列におののいてフードコートとは別のお店に並ぶことにしまいた。

ヘルシー思考で「SOYDINING 豆々」にてコラーゲン美白膳という殺し?文句に誘われて注文(^^;)前菜3種盛りとコラーゲン入豆腐のレンコンあんかけ、コラーゲン入り豆乳、豆乳杏仁豆腐というメニュー。全体的にあっさりしていて健康食イメージなので女性客か年配の方が大半。体にイイというだけでなんとなく元気になってしまう単純な性格(^^;)きっとツルピカになっていることでしょう、、、デザートの杏仁美味しかった(^0^)お友達は豆乳でクリームソースを作ったクリームコロッケのランチを頼みました。クリームがとても濃厚で美味しかったようです。

070517_160001_1 駄菓子屋でいろいろ買い込みました。駄菓子屋にしては広い敷地でありとあらゆる種類があってちょっと感動!!!どれにしようか迷うほど。となりのミニ鯛焼き屋でおやつを購入。抹茶クリームやいちごチョコやクリームチーズなどいろいろな味を6種自分で選べます。1口サイズのかわいい形です。

少し離れたところに酸素バーを発見!!!時間がなくてできなかったけど次回トライしてみようと思います(^0^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藻塩

070506_180901 最近“ひじき使用の藻塩”という塩がお気に入りです。藻塩とは海草を煮詰めて取り出すお塩のことで、海草からミネラルが豊富にとることができて旨みもすごく増すのです。そしてこの藻塩を使って“おにぎり”を作るとメチャメチャ美味しいということを最近発見しました!

“石垣の塩”はお土産でいただいたのですがこの塩でスープを作ると野菜の甘みをすごく引き出してくれてすごく優しい味になります。天ぷらに添えるお塩にもいいようです。

お肉料理にはフランス産の粗塩を使ってしっかり味つけしています。使い分けするだけで味付けがグググーーーンとアップしちゃうのが嬉しい(^0^)¥

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新ジャガオーブン焼きと春キャベツの炒め物

070508_183501 【新ジャガのオーブン焼き】ぽこぽこかわいい形にひかれて作ってみました。小さな新ジャガを使うので火の通りも早いし食べやすいのもいいです。

よく洗って皮付きのまま竹串が通るまでゆでて皮をむく。耐熱容器に並べて塩をふって溶かしバターをかけてグリュイエールチーズを散らしてオーブンで焼くだけ。

070508_182201 【春キャベツと豚肉のソース炒め】焼きソバ味になっちゃうかな?と思ったのですが、キャベツの甘みが出て思ったよりもアッサリしていました。ご飯がすすむおかずです。

塩こしょうで下味つけた豚肉をサラダ油でいため、手でちぎった春キャベツをを加えてさっと炒めてソース大さじ3を加えてザッとひと混ぜして器に盛る。最後にソース大さじ1をかける(お好みで)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

信州の旅 ~安曇野・松本

朝市で道の駅にて安曇野産のトマトで作ったケチャップとジャムをゲットしました。新鮮な野菜が結構な量で100円。美味しそうでかなりそそられましたが帰るまでに駄目になるおそれもあるのでググッとここはガマン!!!

070504_093001 「あづみ野フィッシングセンター」へ。大王わさび農場近くの湧き水を使った釣堀でイワナやニジマスなどが釣れます。水がとてもきれいで泳いでる姿がみえるので食いついたらすぐ分かります(^^:)けれどこの湧き水の中育った魚なら食べてもいいかと。

餌をつけて竿をたらすとひょいひょい釣れてくれるのでチビッコも大興奮!!!すぐ釣れると分かっていてもやっぱり嬉しいものです(^0^)

070504_122301 「安曇野ちひろ美術館」はアルプスの山々や田園を望む公園の中にあって小川も流れているので散策したり絵本の部屋で絵本を読んだり思い思いの時間を過ごせます。丁度芝桜が満開で公園の芝とコントラストがすごく素敵でした。館内はいわさきちひろさんの初期の素描やおなじみの代表作まで常時約80点の作品が鑑賞できます。

070516_021001 いわさきちひろさんの絵って教科書や絵本や挿し絵でみたりして慣れ親しんでいたもののちゃんと観たことってなかったんです。すごく柔らかくて温かい絵ばかりでした。淡い色がすごく優しくて多くを語りかけてくる感じ、、、すごく水彩画もいいなって思いました。

そして生い立ちを知るにつれて色々わかりました。ちひろさんは「コドモノクニ」という本を愛読していたこと。マリーローランサンが好きでクレヨンはいつもピンクが一番小さくなっていたこと。きっとそんなことが絵本を描くことになってから色々影響したんだと思います。大正7年に生まれた彼女は青春時代を戦争という悲しい出来事の中過ごしたことも世界平和を願う作品を多く残すこととなったようです。にじみやぼかしを効果的に使ったり、観る人に想像させるために余白を多く取るということを意識的にしていたようです。

070504_152001

そば処もとき 開智店」の蕎麦はそばの実を30%まで磨き、芯の部分だけを使った吟醸そばで、見た目は白く透明感がありシャキシャキとした歯ざわりが楽しめます。そばの風味が豊かでみずみずしく触感もよくてすごく美味しいかったです。かなり私ごのみ。天ぷらもサクサクでいけました。

070504_154401_1 松本駅周辺の渋滞をくぐりぬけてようやっと辿り着いた「柏善 上原善平商店」。松本で100年以上も続く竹かご専門店。戸隠山の「根曲がり竹」と「みすず竹」を使ったザルやかごは素材自体が硬く丈夫です。雑誌でみてから行きたかったお店の1つ。欲しいかごがいっぱいあってどれにするか本当に困ってしまいました。厳選して豆腐すくいとあけびの蔓で作ったかごを買いましたが、今となってはザルが欲しかったな~~~ちょっと高いからやめちゃったけどやっぱり欲しいと思ったものは欲しいんだよね。いつかまた女の人と行きたい町。漆器や器など生活に密着した素敵なものがみつかること間違いなし!!!

信州の旅、これにておしまい~~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

信州の旅 ~美ヶ原編

Img_0899 清里から少し北上した諏訪でちょっと寄り道。諏訪湖で遊覧船に乗ろうと思っていましたが出発したばかりだったので、ベタな足こぎのアヒールちゃんに乗りました。ベタなのに私は乗ったことなかったので結構楽しくて私がはしゃいでしまいました(^^;)

お昼は「更科京屋」でお蕎麦をいただきました。そばの実の中でも希少価値の高い一番粉を贅沢に使い、石引粉を少しブレンドした白いそばが特徴。コシの強さと喉越しのよさには食通を唸らせるというお店の評判を聞いて行ってみました。あまりそば粉、そば粉を感じさせないつるりとした喉越し。お手ごろ価格でボリューム満点でした。

Img_0908_2美ヶ原高原は長野県の中央、八ヶ岳信高原国定公園の北東部に位置し、北アルプスをはじめとする雄大な山並みなど360度の眺望と200種類以上にも及ぶ高原植物が魅力の日本一美しい高原と言われています。美ヶ原高原美術館はその一角にある野外高原美術館です。以前から行って見たい場所の1つだったので信州の旅が決まったときに1番のポイントとしました。入館するとき丁度2時だったのでアモーレの鐘の下で鐘の音を聞くことができました。この鐘はパリ、モンマルトルの丘の上にたつサクレ・クレール寺院の“サヴォアイヤールド”よ呼ばれる有名な大釣鐘を作成したパッカール社により作成されました。フランス生まれのこの鐘はファ、ソ、ラの音を持つ大、中、小の鐘で構成されていてとても美しい音色でした。070503_142901_2070503_143701_3070503_151602_2070503_143302_3

眺めのいいなか散歩しながら彫刻をみれて有意義でした。旦那はさっぱりわけがわからん、俺の作った彫刻紛れてても絶対分からんぞ~~~といっていました。ま、ま、ま、まーーーね、そういう作品もあったけど、、、

少し寒くなってきたので松本城下の奥座敷、浅間温泉に行くことにしました。「湯々庵枇杷の湯」は江戸時代には松本城主の御殿湯として利用した歴史あるある風呂。露天付き、大浴場のほか、別棟に岩組の露天風呂がある。外の露天はヒノキ風呂で簾がいい感じに降りていて雰囲気がよかったです。風呂からあがって休憩できる場所も風情があり素敵です。

夕食は信州和牛を食べるべく「食美処マルト」さんにて。精肉店併設のため良質な和牛を廉価で味わえます。和牛はもちろんのこと馬肉のお刺身が絶品でした。こんなに癖がなく美味しいと思ったのは初めてでした。お勧め~~~

明日は安曇野へ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信州の旅 ~野辺山・清里編

野辺山・清里を経由して信州へ旅してきました。大河ドラマに影響された訳ではないのですがたまたま行く先が山梨・長野なのでどこに行っても“風林火山”一色!!!で盛り上がっていました。

Img_0862 まずは野辺山の滝沢牧場へ。馬、牛、ヤギ、羊、うさぎ、アヒルなど多くの動物たちとふれあうことができます。乗馬、乳搾り体験のほか、愛犬と遊べるドックランド、アスレチック、トラクター遊覧車、四輪バギー、トランポリンなど施設も充実。何故かトラクター好きなチビッコ、いたるところに古いトラクターが置かれていて勝手に乗り降りできるのでご機嫌でした。久しぶりの乗馬体験はオネエさんに引かれる馬にのって1周するコースですが八ヶ岳連峰をバックに景色もいいし気分最高!!!牛肉、ジンギスカンの焼肉でまず腹ごしらえ。デザートは牧場にはお決まりのソフトクリーム、濃厚でハナマルでした(^0^)

Img_0880 次は清里の萌木の村へ。森の中にかわいらしい雑貨やお洒落なケーキ屋さんやローズガーデンやガーデニンググッズ、陶器などのお店が点々とあって散歩がてら周るにはいい感じ。一角にメリーゴーランドがあってすっごくかわいらしい!!!柴崎コウや浜崎あゆみも撮影で使ったらしい。納得!!!すごく雰囲気がいいんだもの。

070516_021401 次はえほんミュージアム清里へ。開館10周年を記念して「ディック・ブルーナからのおくりもの」というミッフィーで知られる絵本作家の展示をしていました。私が小さい頃は「うさこちゃん」と言われていたのですがそんな時Img_0896代があったことを知る人も少なくなってきたかも?でもここに来てすごい事実が判りました!!!なんとミッフィーちゃんは常に変化していたのです。うさこちゃんと言われていた頃は耳がとがっていているのですが、だんだん丸くなっきてそして今は全体的に丸みをおびてやわらかい雰囲気になっているのです。お友達のボリスは近年登場したキャラクターだそう。そうだったのか~~~ビックリ仰天でした!!!

そしてブルーナさんについていろいろ知ることもできました。アンリ・マティスの切り絵やフェルナン・レジェの色彩とラインに影響されたりアレキサンダー・カルダーに影響されたりしています。また赤、黄、青、緑、茶、灰色の6色を基本としていて赤は喜び・楽しさ、黄色は明るさ、青は悲しみ、緑は安定・安心、茶は落ち着き、灰色はバランスに必要な色として表現しているということです。原画をみれたり、年代による変化がみれたりしてとても楽しかったです。

Img_0891070502_165201 070502_165202_1  そしてチケットには1ドリンクがついていてカフェで絵本をみながら鑑賞することができます。騒がしいチビッコを気にしてオープンテラスに出たら景色はいいしのんびりできてすごくいい。すごく優雅なティータイム。お庭にはたんぽぽが沢山咲いていて、そこで知り合った可愛らしい姉妹からたんぽぽのブーケをもらって温かい気持ちになりました。(左:オープンテラス 中央:ミッフィーのガーデニング本よりムスカリを水苔で育てるかわいいアレンジ 右:ボリスのトピアリー)

明日は美ヶ原へ、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »